環境技術国際コースについて

  1. ホーム>
  2. 環境技術国際コースについて

コースの目的育成人材像概要特色紹介映像

コースの目的

成長著しいアジア・アフリカ地域は,将来においても世界経済安定の要として高成長が予測されます。しかしながら現在,急激な産業発展と人口増加に伴う資源・エネルギーの消費拡大による環境負荷の増大という深刻な脅威に直面しつつあります。この脅威を払拭し,持続可能な国際社会を実現するためには,各国が個々の実情にあった産業発展シナリオを展開し,環境・エネルギー技術の開発・導入を行うことが必須です。その中で日本は,東アジアに位置する世界のリーダーとして,発展地域のグリーンイノベーションを先導すべき,かつ責任ある立場にあります。本コースは,我が国が有する卓越したエネルギー・環境に係る要素技術を,各国の地域性や文化を考慮しつつ,その国の実情に見合った技術へと進化させ,国際的に展開することのできる人材を育成し,国際社会に供給することを目的とします。

ページ上部に戻る

育成人材像

国際的に活躍できる環境技術者には,単に環境技術に関する高度な知識と技術だけでなく,地域の文化や歴史を理解した上で,地域社会と調和した技術やプロセスを提案・デザインができる能力が求められます。本コースでは,

  1. 環境工学に関する高度な知識と技術を育成します。
  2. 他国の技術者との連携及び環境技術のユーザとなる地域住民の歴史・文化的背景を理解する高度なコミュニケーション能力を育成します。
  3. 国境を越えて生じる環境問題に対して,それぞれの地域事情に応じた技術・プロセスを提案するリーダーシップを有し,国際的に活躍できる人材を育成します。

さらには,環境・エネルギー分野の研究・技術開発の現場で日本と海外諸国との架け橋となり,国境を越えて連携して持続可能な社会発展に寄与できる人材を養成します。

ページ上部に戻る

概要

ページ上部に戻る

特色

特色1:地域性を活かした合宿型集中演習

施設見学

施設見学

環境技術地域研修(能登キャンプ)

能登をフィールドとした産学官の連携による地域演習により,人と技術の関わりを直接的に学ぶ

  • 技術の活用とそれが社会に与えるインパクト等を学ぶことを通じた俯瞰的視野の育成
  • 産学官連携演習による課題発掘・問題解決能力の育成
  • 合宿型演習によるコミュニケーション能力の育成

 

特色2:海外大学や企業と協働した研修

企業インターンシップ

企業インターンシップ

環境技術海外研修環境技術企業研修

日中韓 環境・エコ技術特別コース等で構築したコラボラティブ・プロフェッサーや企業コンソーシアムの活用

  • 海外研修:コミュニケーション能力や課題発掘能力の育成
  • 企業インターンシップ:最新技術と実際の技術開発現場についての知識・経験,課題解決能力の育成

※留学生が受講する場合は原則日本語能力試験N2合格が条件

 

特色3:国籍混成チームによるグループワークを活用した授業演習

グループワークの様子

グループワークの様子

  • ディスカッション能力を含む高度なコミュニケーション能力の育成
  • 他国文化を相互理解・尊重するマインドとリーダーシップの醸成

 

特色4:英語による講義実施

英語による授業風景

英語による授業風景

  • 当コースの科目は英語で実施しています。

ページ上部に戻る

紹介映像

ページ上部に戻る