カリキュラムの特徴

  1. ホーム>
  2. カリキュラムの特徴

カリキュラム体系・シラバススケジュール海外研修インターンシップ能登キャンプ

カリキュラム体系・シラバス

green01ttl_1
<必修>異なる専門分野の教員を1名以上含む複数指導体制

ttl_2
<選択必修>大気環境科目群,水・土壌環境科目群,廃棄物対策科目群 アジア・アフリカ諸国でのニーズが高い「大気、水・土壌、廃棄物」に関して分野横断的に自由に科目を選択。

科目名

大気環境科目群環境単位操作大気環境保全工学エアロゾル工学大気環境化学
水・土壌環境科目群環境基礎科学水環境保全工学環境微生物学土壌分析化学環境リスク論
廃棄物対策科目群化学反応工学環境物理化学環境システム計画学環境システム工学
エネルギー科目群分離精製工学機械環境モデリング機能金属材料エネルギー変換

※科目名をクリックするとシラバスが確認できます。

ttl_3
<必修>環境技術地域研修 自然と人との関わり、そこに住む人たちの文化と技術の関係、技術応用とそれが社会に与えるインパクト等についての知見を身に付ける
<選択>環境技術海外研修環境技術企業研修Ⅰ, 環境技術企業研修Ⅱ(原則日本語能力試験N2合格者)


<必修>環境工学総論
<選択必修>環境と健康,持続可能な社会と環境,持続可能な社会のための環境思想

ttl_5
<必修>各専攻で開講されている環境・エネルギーに関わる最先端分野の講義演習

科目内容については、こちらを参照してください。

ttl_6
<選択必修>環境技術英語基礎,環境技術英語応用,総合日本語

ページ上部に戻る

スケジュール

ページ上部に戻る

環境技術海外研修

  • 様々な国籍の学生による混成チームで、自らの見聞に基づいて相互の環境問題を理解し、課題を発掘する
  • 互いに切磋琢磨するとともに多国間で連携協力して取り組むことの意義を学ぶ
  • 専門知識とコミュニケーション能力の涵養

 

実績

2016年 韓国(釜山、光州)

 

旧コース(日中韓環境・エコ技術特別コース)での実績

2011年 中国(北京)
2012年 韓国(光州、水原)
2013年 タイ(バンコク)
2014年 タイ(バンコク)

slide0021_image002 slide0021_image006 slide0021_image004

学生の声

  • 現地で視察した研究が現在行なっている研究と同様の分野であったため、取り組み方など、とても参考になったし、刺激を受けることも出来た。
  • 留学生と研修に行くことにより、普段の授業では、見ることの出来ない姿を見ることが出来るし、現地の技術に対する自国の技術について議論することが出来たので、貴重な経験になると思う。
  • 研修中、現地学生と議論するにつれ、初めは見えてこなかった課題が明確になったのを実感できた。やはりFace-to-Faceでの議論が課題発見に大きな役割を担っている事が分かった。
  • 一番は現地学生と英語で議論し、友人となれたこと。これは積極的かどうかなどお互いの学生によるところも大きいと思うが、今回は幸いにもお互いを尊重しあい良い関係を築けたと思う。単純な経験として英語で海外の学生と議論したということは何かの自信になるし、刺激を受けてこれからの研究生活などにも身が入ると思う。

ページ上部に戻る

環境技術企業研修

  • 課題に対する実践的な解決手法を模索することで、課題解決能力を育成する
  • 日本人学生と留学生との混成で企業へ派遣する

実績

2015年 6社
2016年 8社

slide0022_image009 slide0022_image011

 

旧コース(日中韓環境・エコ技術特別コース)での実績

2011年 3社
2012年 6社
2013年 7社
2014年 8社

slide0022_image009 slide0022_image011

学生の声

  • インターンシップに参加することによって、自分で考え、計画を立て、そして、それを実践する能力を学生時代の内にしっかりと身につけなければならないと感じられた。
  • 製品概要のまとめや見学の報告書、日誌等を書くときに、人に見せることを意識し分かりやすくまとめることが大切であることがわかった。
  • 製品が顧客に届くまでの過程、研究室とは違い利益を生まなくては存続できないということがわかった。
  • 企業での働き方に対するイメージを持てたこと。働くということを身近に感じることで就職活動にもつながると思う。
  • 日本の会社に対してのイメージが確立されました。会社の研究者は、どんな仕事(実験、電話の応答、討論)をしているのか、また研究職としてのプレッシャーとチャンス(訓練、報告、学会、会社内評定など)を知りました。

ページ上部に戻る

環境技術地域研修

テーマ例

  • 過疎化高齢化社会における環境基盤施設の在り方
  • 地産地消のエネルギー生産
  • 地域資源の活用と環境影響
  • 越境大気汚染

img01

2013_0512_181808_165 2014_0802_111436_072

ページ上部に戻る

成果報告会

実績

2015年 参加企業 16社
2016年 参加企業 9社

2016.12.1    ポスターをクリックすると内容をご覧いただけます