ホーム  >  自然科学研究科概要  >  自然システム学専攻

自然科学研究科概要

博士後期課程
自然システム学専攻

入学者受入方針(博士後期課程)

 理学・工学を通して人類文明と科学の発展に貢献するため,生物・人間・物質・地球で形成される自然システムの中での広い視野を備え,生命科学,バイオ工学,化学工学及び地球環境学に関する基本的な専門知識と探究心を持ち,国際的視野を持ったリーダーとして影響力のある創造的技術者・科学者・教育研究者を目指す意欲的な学生を求めます。

入学者選抜の基本方針

 自然システム学専攻では,学力検査(口述試験)および学業成績証明書により,志願者の専門的知識,それを活用し課題を設定・解決する資質,専門分野における研究討論能力を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 専門分野に関する高い専門知識とそれを応用し研究を遂行するための課題設定および解決能力が必要となります。

カリキュラム・ポリシー(博士後期課程)

 本専攻では,4つのモデルカリキュラムを用意し,博士前期課程での専門性を飛躍的に高めた教育研究を通して,生物・人間・物質・地球で形成される自然システムに関する深い専門知識と探究創造能力を教授育成するとともに,金沢大学大学院グローバルスタンダードによるグローバル感覚と高い倫理感をもつ研究者・技術者・教育者の養成を目指す。

ディプロマ・ポリシー(博士後期課程)

 豊かで持続可能な自然環境ならびに自然との調和のとれた人間社会をもたらすための,生命科学,バイオ工学,化学工学,地球環境学の研究に必要な専門知識と実践的スキル, 及び国際社会で活躍できるプレゼンテーション・コミュニケーション能力を有し,柔軟な課題設定・解決能力とプラン実践能力を身につけ豊かな人間性と独創性を備え,所定の単位を修得し,博士論文の審査に合格すること。以上を学位(博士)授与の主たる要件とする。