ホーム  >  自然科学研究科概要  >  自然システム学専攻

自然科学研究科概要

自然システム学専攻

入学者受入方針(博士前期課程)

 生物・人間・物質・地球からなる自然システムの中で広い視野を持ち,生物学,バイオ工学,化学工学及び地球環境学に関する専門知識を総合的に応用して,自然と調和した科学の発展と豊かな人の生活の実現を目指す意欲ある学生を求めています。
 生命と生命現象の謎に挑戦する生命システム,生物学を工学的発想で人間社会に適用するバイオ工学,主に化学の基礎知識をモノづくりに応用する化学工学,地球ダイナミクスを総合的に探究する地球環境学の各分野で,研究者・技術者・教育者を目指す学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 自然システム学専攻では生物学,バイオ工学,化学工学,地球環境学のいずれかの分野に関する基礎知識を十分備えているとともに,他分野と連携し,科学の総合的な発展と人類の豊かな生活の実現に貢献する意欲ある学生を評価します。具体的には,学力検査(筆記試験および口述試験,または口述試験のみ),英語資格試験スコアおよび学業成績証明書により,志願者の基礎的能力や資質ならびに学修意欲を総合的に判断します。

入学前に必要な基礎学力

 自然科学全般に関する理解が必要ですが,とくに生物学(生命システムコース),化学・生物学(バイオ工学コース),物理・化学(化学工学コース),地学(地球環境学コース)に関する基礎学力は重要となります。

入学者受入方針(博士後期課程)

 理学・工学を通して人類文明と科学の発展に貢献するため,生物・人間・物質・地球で形成される自然システムの中での広い視野を備え,生命科学,バイオ工学,化学工学及び地球環境学に関する基本的な専門知識と探究心を持ち,国際的視野を持ったリーダーとして影響力のある創造的技術者・科学者・教育研究者を目指す意欲的な学生を求めます。

入学者選抜の基本方針

 自然システム学専攻では,学力検査(口述試験)および学業成績証明書により,志願者の専門的知識,それを活用し課題を設定・解決する資質,専門分野における研究討論能力を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 専門分野に関する高い専門知識とそれを応用し研究を遂行するための課題設定および解決能力が必要となります。