ホーム  >  自然科学研究科概要  >  自然システム学専攻

自然科学研究科概要

自然システム学専攻

入学者受入方針(博士前期課程)

 生物・人間・物質・地球からなる自然システムの中で広い視野を持ち,生物学,バイオ工学,化学工学及び地球環境学に関する専門知識を総合的に応用して,自然と調和した科学の発展と豊かな人の生活の実現を目指す意欲ある学生を求めています。
 生命と生命現象の謎に挑戦する生命システム,生物学を工学的発想で人間社会に適用するバイオ工学,主に化学の基礎知識をモノづくりに応用する化学工学,地球ダイナミクスを総合的に探究する地球環境学の各分野で,研究者・技術者・教育者を目指す学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 自然システム学専攻では生物学,バイオ工学,化学工学,地球環境学のいずれかの分野に関する基礎知識を十分備えているとともに,他分野と連携し,科学の総合的な発展と人類の豊かな生活の実現に貢献する意欲ある学生を評価します。具体的には,学力検査(筆記試験および口述試験,または口述試験のみ),英語資格試験スコアおよび学業成績証明書により,志願者の基礎的能力や資質ならびに学修意欲を総合的に判断します。

入学前に必要な基礎学力

 自然科学全般に関する理解が必要ですが,とくに生物学(生命システムコース),化学・生物学(バイオ工学コース),物理・化学(化学工学コース),地学(地球環境学コース)に関する基礎学力は重要となります。


ディプロマ・ポリシー(博士前期課程)

 豊かで持続可能な自然環境ならびに自然と調和のとれた人間社会を実現するため,生命科学,バイオ工学,化学工学,地球環境学の研究に必要な専門知識と実践的スキル, 国際社会で活躍できるプレゼンテーション・コミュニケーション能力,柔軟な課題設定・解決能力とプラン実践能力を身につけ,豊かな人間性と独創性を備えた人材を育成する。修了に必要な要件は, (1)各コース及びその関連分野の専門知識と調査・研究に関する実践的専門知識を修得し,それらの知識を自然科学に応用するスキルを身につけている。 (2)国際社会の課題を分析して専攻の各分野がどのように貢献できるかを提案し,解決策を提案・実践できる能力を身につけている。 (3)地球環境問題を解決して循環型社会・健康社会を実現するための課題提案,調査,解決能力を身につけている。 (4)自らの結果や提案について,論理的な思考・判断のプロセスを含めたプレゼンテーションを行う能力を身につけている。さらに,コミュニケーションにより適切に社会へ展開できる能力を身につけている。


カリキュラム・ポリシー(博士前期課程)

 自然システム学専攻の各コース(生命システムコース,バイオ工学コース,化学工学コース,地球環境学コース)において,生物・人間・物質・地球で形成される自然システムに関する専門知識を学び,それらを総合的に応用する能力を養う。金沢大学大学院グローバルスタンダードに基づき,自然科学の分野で,グローバル感覚と高い倫理感を持った研究者・ 技術者・教育者を育成するための教育を行っている。
《生命システムコース》
分子・細胞レベルから個体・生態系レベル,基礎から応用に至るまでの生物学とその関連分野を基盤に, さらに発展させた学際融合型生命科学を目指す教育を実施する。
《バイオ工学コース》
論理的思考能力を育成するとともに,複雑な生命科学現象とりわけ人間や人間の生活に関わる生命科学現象に的を絞り教育研究を行ない,幅広い生命科学現象に興味を抱き,それを実践的に応用できる能力を身につけることができるプログラムを提供する。
《化学工学コース》
化学産業の基礎を支える化学工学の基礎的知識を活用して,生産プロセスの設計,エネルギーの有効利用,地球規模での物質•資源循環などにおける課題を発見してそれを解決する能力を身に付けた技術者及び研究者を養成する。
《地球環境学コース》
自然システムを広い視野と長い時間スケールで理解し,地球の営みと地球構成物質についての専門知識を自然災害や地球環境問題の解決に応用できる研究者・技術者,ならびに地球環境学の専門知識とその知 識を応用するスキルを教授する教育者を養成する。




入学者受入方針(博士後期課程)

 理学・工学を通して人類文明と科学の発展に貢献するため,生物・人間・物質・地球で形成される自然システムの中での広い視野を備え,生命科学,バイオ工学,化学工学及び地球環境学に関する基本的な専門知識と探究心を持ち,国際的視野を持ったリーダーとして影響力のある創造的技術者・科学者・教育研究者を目指す意欲的な学生を求めます。

入学者選抜の基本方針

 自然システム学専攻では,学力検査(口述試験)および学業成績証明書により,志願者の専門的知識,それを活用し課題を設定・解決する資質,専門分野における研究討論能力を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 専門分野に関する高い専門知識とそれを応用し研究を遂行するための課題設定および解決能力が必要となります。


ディプロマ・ポリシー(博士後期課程)

 豊かで持続可能な自然環境ならびに自然との調和のとれた人間社会をもたらすための,生命科学,バイオ工学,化学工学,地球環境学の研究に必要な専門知識と実践的スキル, 及び国際社会で活躍できるプレゼンテーション・コミュニケーション能力を有し,柔軟な課題設定・解決能力とプラン実践能力を身につけ豊かな人間性と独創性を備え,所定の単位を修得し,博士論文の審査に合格すること。以上を学位(博士)授与の主たる要件とする。


カリキュラム・ポリシー(博士後期課程)

 本専攻では,4つのモデルカリキュラムを用意し,博士前期課程での専門性を飛躍的に高めた教育研究を通して,生物・人間・物質・地球で形成される自然システムに関する深い専門知識と探究創造能力を教授育成するとともに,金沢大学大学院グローバルスタンダードによるグローバル感覚と高い倫理感をもつ研究者・技術者・教育者の養成を目指す。