ホーム  >  自然科学研究科概要  >  機械科学専攻

自然科学研究科概要

博士後期課程
機械科学専攻

入学者受入方針(博士後期課程)

 「高度で柔軟な知能的機械システムの創成」また「環境・人間と機械技術の調和」という観点に立っ て,自己の立ち位置を理解しながら研鑽を積むことで,将来の機械科学の発展を担い,国際的に自 分の考えを発信できる研究・教育者及び高度専門技術者となることを目指す学生を求めています。

求める人材

  • 先端機械工学への興味,モノづくりへの熱意,人間支援に対する高い志を持つ人
  • 既得の幅広い機械工学の専門知識に新しい知見を加えて活用し,実践的な問題解決に取り組む強い意志を有している人
  • 国際的に通用するコミュニケーション能力を有している人
  • 研究者,技術者としての倫理観を備えている人

入学者選抜の基本方針

 機械科学専攻博士後期課程では,機械工学分野における専門的な知識,語学能力,及び研究意欲 を問うための口述試験を行います。この結果に基づいて,志願者の能力や資質を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 数学,物理学,機械系基礎科目(材料力学,流れ学,熱力学,機械力学)に関する深い理解とそれを応用する能力。自己の研究内容を発表・議論するための国際的プレゼンテーション・コミュニケーション能力。

カリキュラム・ポリシー(博士後期課程)

 機械科学専攻ではあらゆる産業の基幹となる機械工学を中心に,その基礎から各種先端機械技術に至るまでの広範な技術分野の教育・研究を通して,機械科学に関する深い専門知識と探求創造能力を教授育成する。加えて,自己やその立ち位置を深く探求し,世界に自己の考え・価値観を的確に発するとともに,高い倫理観を有する研究者・高度専門技術者を組織的に養成します。

ディプロマ・ポリシー(博士後期課程)

 より高度で柔軟かつ知能的な機械システム創出に貢献するため,機械工学のみならず,人間科学や環境科学などの広範な学問分野において幅広い視野と高い専門性・国際的発信能力を有し,自己の立ち位置を理解することで社会や学問の変化に柔軟に対応できる独創性と高い倫理観を備えていること。
 所定の単位数を修得することにより上記学識と素養を身につけると共に,自立した研究や高度な専門技術業務を遂行しうる能力と知識を修得していること,及び博士論文の審査に合格することを学位(博士)授与の主たる要件とします。