ホーム  >  自然科学研究科概要  >  機械科学専攻

自然科学研究科概要

博士前期課程
機械科学専攻

入学者受入方針(博士前期課程)

 機械工学分野における専門性を深化させるとともに,学際的な課題や技術革新に対応できる専門知識と俯瞰力・総合化力を醸成し,高い倫理観と国際性のもと,未来を見据えた機械科学の探求によって人類社会の持続的発展に貢献できる専門性の高い技術者を育成します。このような観点から,本専攻では,次のような能力・資質を備えた入学者を求めます。

  1. 数学・物理学の基礎学力及び機械工学全般にわたる基本的な知識を備える人
  2. 講義や教科書の理解及び国際コミュニケーションに必要な英語力を有している人
  3. 志望するプログラムに関心を持ち,創造的・独創的に思考しながら,主体的に研究課題に取り組む意欲を持つ人
  4. 新しい機械科学を開拓し,人類社会の持続的発展と国際社会に貢献しようとする意欲に満ちた人

入学者選抜の基本方針

 機械工学分野における基礎的素養と学習意欲を問うための学力検査と口述試験を行います。さらに,英語外部試験(TOEICやTOEFL)を利用して,英語能力の審査を行います。これらの結果に基づいて,志願者の能力や資質を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 数学,物理学,機械系基礎科目(材料力学,振動工学,流れ学,熱力学等)の学力,文献の読解や国際コミュニケーションのための英語力が求められます。

カリキュラム・ポリシー(博士前期課程)

 機械科学専攻の教育科目は,以下のカリキュラム・ポリシーに従って「基礎科目」,「応用科目」,「課題研究」,「研究科共通科目」により構成します。

  1. 機械工学及び応用数学の基礎学力と論理的な思考を備えるため,機械数理系科目及び機械系科目の「基礎科目」を設けます。
  2. 専門とする分野の高度な専門知識・応用力と関連する分野の専門知識を涵養するため,機械科学専攻で重点すべき分野に関するプログラム(設計生産システムプログラム,先端材料プログラム,応用数理プログラム,プロセス革新プログラム)の4つで構成する「応用科目」を設けます。
  3. 将来の社会像を見据え,技術革新を牽引するリーダーとなる資質として,自身の研究分野に関する課題を発見し,分析力・計画力・表現力・創造力・遂行能力を涵養する「課題研究」とMOT科目等の「研究科共通科目」を設けます。
  4. 高い倫理観と自己の考え・価値観を的確に世界へ発するグローバルな技術者となるための研究者倫理や国際研究インターシップ等の「研究科共通科目」を設けます。

ディプロマ・ポリシー(博士前期課程)

  1. 機械工学及び応用数学の基礎学力を備え,それに基づく論理的な思考を持ち,表現できること。
  2. 機械工学分野を基盤とした学際分野の高度な専門知識と応用力を活かし,社会の技術変革に柔軟かつ積極的に対応できること。
  3. 将来の社会像を見据え,技術革新を担うリーダーとなる資質を持つこと。
  4. グローバル社会で活躍できる高い倫理観をもち,自己の考え・価値観を世界に対して的確に発する能力を修得すること。

 また,各プログラムでは以下の専門能力を身につけます。

《設計生産システムプログラム》

 力学をベースに,シミュレーションを活用した設計生産技術や先端材料を用いた製造技術に関する研究開発を遂行し,技術革新に対して先導的役割を果たすことができる能力

《先端材料プログラム》

 材料工学を基盤に,構造組織制御・計算機シミュレーションを駆使し,最先端材料の新たな価値創成に挑戦・探求に資する能力

《応用数理プログラム》

 応用物理及び数値情報科学分野における深い学識と優れた総合化力に基づき,革新的機械システムの創成に資する能力

《プロセス革新プログラム》

 熱流体及びエネルギー工学分野における深い学識と優れた総合化力に基づき,環境と調和のとれた革新プロセスを創成する能力


 上記の学位授与方針に基づき,本専攻で学位を取得した人材には,高度専門技術者として,国内外を問わず製造業で高いリーダーシップを発揮し,活躍することを期待します。