ホーム  >  自然科学研究科概要  >  数物科学専攻

自然科学研究科概要

数物科学専攻

入学者受入方針(博士前期課程)

自然科学の基礎分野に興味を持ち,数学や物理学又は計算科学に関する基礎知識を備えており,自らの専門分野に強い探究心があるとともに,一般企業や研究機関の研究者や教育機関の教員として,将来活躍することを目指す,意欲ある学生を求めます。

入学者選抜の基本方針

 「数学コース」数学の専門的基礎科目(微分積分,線形代数,集合と位相,複素関数論)の学力と英語の読解力・運用力を重視します。また,数学を学ぼうとする意欲と総合的能力を口述試験を通じて評価します。
 「物理学コース」物理学の専門的基礎科目(力学(解析力学を含む),電磁気学,熱統計力学,量子力学等)の学力と,科学分野の国際的な公用語である英語の学力を重視します。また,物理学を学び,それにより社会の発展に貢献する意欲を口述試験を通じて評価します。
 「計算科学コース」計算科学の専門的基礎科目としての数学(微分積分,線形代数),基礎物理(力学,電磁気学,量子力学,熱統計力学),計算機(プログラミング,数値計算)の学力,及びコミュニケーションの手段としての英語の学力を重視します。また,数理現象,自然現象に対する関心の高さ,興味の深さを動機付けとして口述試験を通じて評価します。

入学前に必要な基礎学力

 「数学コース」英語及び数学の専門的基礎科目(微分積分,線形代数,集合と位相,複素関数論)についての基礎学力を身につけておくことが必要です。
 「物理学コース」英語及び物理学の専門的基礎科目(力学(解析力学を含む),電磁気学,熱統計力学,量子力学等)についての基礎学力を身につけておくことが必要です。
 「計算科学コース」英語及び計算科学の専門的基礎科目としての数学(微分積分,線形代数),基礎物理(力学,電磁気学,量子力学,熱統計力学),計算機(プログラミング,数値計算)についての基礎学力を身につけておくことが必要です。

入学者受入方針(博士後期課程)

 自然科学の基礎分野に興味を持ち,数学や物理学又は計算科学に関する基礎知識を備えていること。自らの専門分野に強い探究心があり,一般企業や研究機関の研究者や教育機関の教員として,将来活躍することを目指す,意欲的な学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 口頭発表,学業成績証明書等より,志願者の能力や資質を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 英語及び専門分野に関する専門的基礎科目の基礎学力を身につけておくことが必要です。