ホーム  >  自然科学研究科概要  >  物質化学専攻

自然科学研究科概要

博士後期課程
物質化学専攻

入学者受入方針(博士後期課程)

 自然と調和した豊かな社会を“化学”の力で実現することに強い意欲をもち,さらに次のような資質をもった人を求めています。①自然を畏敬し,謙虚に自然に学ぶ姿勢をもった人 ②社会や環境に対する責任を自覚し,研究倫理についての造詣を備えた人 ③創造性や探究心旺盛で,既存の知識に囚われないチャレンジ精神に溢れた人 ④大局的かつグローバルな視野を有し,広く世界へ向けて発信できる人 ⑤化学を通じ社会に貢献するという強い意欲をもった学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 本専攻の教育理念・目標に見合う学生を選抜するため,口述試験及び成績証明書によって志願者の能力と資質を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 化学を基盤とする研究者・技術者・教育者となる上で必要な,より高度な化学の専門知識や研究手法および学際性を身につけ,グローバル化する社会や地域社会を積極的にリードできる課題探究能力,自己表現力,コミュニケーション能力を養ってください。

カリキュラム・ポリシー(博士後期課程)

 最先端の研究を最前線で先導できる学識,学際性および遂行能力を有する国際的高度専門化学の研究者・技術者・教育者を養成する,最先端の教育研究設備および世界的に活躍している教員を配置し,最先端化学の専門カリキュラムを設計している。

ディプロマ・ポリシー(博士後期課程)

 最先端の研究を最前線で先導できる学識,学際性,遂行能力および倫理を有する国際的高度専門化学の研究者・技術者・教育者を養成する。本専攻のディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標に到達したうえで,最終的に博士論文の審査に合格した者に学位(博士)を授与する。

■学修成果
  • 最先端の化学の専門知識および研究手法を身につける。
  • 高度な討論能力,他分野を理解する能力を身につける。
  • 先導的な研究を遂行する能力や倫理を身につける。
  • 研究成果を国際学会や国際的学術誌に発表できるプレゼンテーション能力と学術論文作成能力を習得する。