ホーム  >  自然科学研究科概要  >  物質化学専攻

自然科学研究科概要

博士前期課程
物質化学専攻

入学者受入方針(博士前期課程)

 物質化学専攻では,物質をキーワードとし,自然界で起こる様々な現象を原子核レベルから分子集合系レベルまでの広い範囲にわたって化学的に理解すると同時に,21世紀に必要とされる環境に適合した新しい機能性物質の創成と応用,さらにそれらの実用化に至るまでの自然界と調和した社会の確立と産業の持続的発展と構築を目指し「基礎化学及び応用化学」を通じてグローバル社会に積極的にチャレンジする情熱と意欲をもつ学生を求めています。加えて,研究を通して得た成果を広く世界に向けて発信し,さらに高度な学問を学ぼうとする意欲的な学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 基礎から専門にわたる化学の知識と理解度,及び英語の学力を重視します。また,面接(成績証明書を含む)により,勉学意欲を評価します。

入学前に必要な基礎学力

 物理化学,無機化学,有機化学,分析化学などの化学系基礎科目及び実験技術について充分に理解・修得できていることが必要です。また,教養・基礎科目(言語,社会系,自然科学系科目)も自分の知見を広げると共に,意見をまとめコミュニケーションを行うために必要です。さらに,化学の専門知識・技術とともに幅広い教養と豊かな人間性を身につけ,科学・科学技術・文化の発展と充実に貢献し,グローバル社会および地域社会に積極的に貢献できる理学及び工学的素養を身につけてください。

カリキュラム・ポリシー(博士前期課程)

 物質化学専攻では,化学を基盤とする研究者・技術者・教育者となるために必要な,より高度な化学の専門知識や研究手法および学際性を身につけ,グローバル化する社会や地域社会を積極的にリードできる課題探究能力,自己表現力,コミュニケーション能力を備えた人材を養成するために,分野横断的,高度専門的階層化カリキュラムを設計している。

《化学コース》

 化学コースでは,物質の性質・構造・反応などに内在する基本原理を原子核レベルから分子集合系レベルまでの広い範囲にわたって理解し,自然界の多様な物質の機能・現象の本質の解明と有用な機能をもつ新物質の創造を可能とするため,「物質創成化学プログラム」と「物質解析化学プログラム」の二つの複線的プログラムを基盤科目群,発展科目群及び先端実践科目群に階層化したカリキュラム編成・教員配置によって体系化し,環境及び安全に配慮した教育研究設備を提供して社会的ニーズや科学の発展に寄与できる教育を行います。また,優秀な学生には早期修了を支援する「早期修了プログラム」によりきめ細かい指導を行います。

《応用化学コース》

 応用化学コースは,物質の機能開発や分離・分析など化学の立場からエネルギー・環境問題を理解して解決に導く分野と,物質の構造やその集合体機能の解明を通じて高機能性物質の創成や反応効率の向上などを目指す分野に大別されます。各分野で基礎から応用にわたる幅広い理解を可能とするために,「エネルギー・ 環境プログラム」と「マテリアルプログラム」の二つの複線的プログラムを基盤科目群,発展科目群及び先端実践科目群に階層化したカリキュラム編成・教員配置によって体系化し,環境及び安全に配慮した教育研究設備を提供して社会的ニーズや科学技術の発展に寄与できる教育を行います。また,優秀な学生には早期修了を支援する「早期修了プログラム」によりきめ細かい指導を行います。

ディプロマ・ポリシー(博士前期課程)

 物質化学専攻では,化学を基盤とする研究者・技術者・教育者となるために必要な,より高度な化学の専門知識や研究手法および学際性を身につけ,グローバル化する社会や地域社会を積極的にリードできる課題探究能力,自己表現力,コミュニケーション能力を備えた人材を養成する。本専攻のディプロマ・ポリシーで掲げた人材養成目標に到達するために設計された複線的なプログラムと階層化したカリキュラムを履修し,最終的に修士論文の審査に合格した者に学位(修士)を授与する。

■学修成果
  • 化学を基盤とする研究者・技術者・教育者となるために必要な,より高度な化学の専門知識や研究手法および学際性を身につける。
  • 化学を基盤とする研究者・技術者・教育者となるために必要な社会倫理と研究倫理を身につける。
  • 先端の化学研究について幅広い知識を身につける。
  • グローバル化する社会や地域社会を積極的にリードできるリーダーとしての資質を養い,課題探究能力,異分野コミュニケーション能力,プレゼンテーション能力を習得する。