ホーム  >  自然科学研究科概要  >  フロンティア工学専攻

自然科学研究科概要

博士前期課程
フロンティア工学専攻

入学者受入方針(博士前期課程)

 工学の各分野における専門性を深化させるとともに,これらを融合して未来社会で必要とされる課題やイノベーションに対応できる専門知識と俯瞰力・総合化力を醸成し,高い倫理観と国際性のもと,人類社会の持続的発展に貢献できる技術者・研究者を育成します。このような観点から,本専攻では,次のような能力・資質を備えた入学者を求めます。

  1. 数学・物理学の基礎学力及び電子機械,機械工学,化学工学,電子情報工学の各分野における基本的な知識を備える人
  2. 講義や専門書,学術論文や特許の理解及び国際コミュニケーションに必要な英語力を有している人
  3. 志望するプログラムに関心を持ち,創造的・独創的に思考しながら,主体的に研究課題に取り組む意欲を持つ人
  4. 先端技術により未来社会を開拓し,人類社会の持続的発展と国際社会に貢献しようとする意欲に満ちた人

入学者選抜の基本方針

 フロンティア工学専攻では,機械工学分野,化学工学分野あるいは電子情報工学分野における基礎的素養と学習意欲を問うための学力検査(筆記試験,口述試験),英語外部試験スコア,学業成績証明書を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

  • 機械工学分野:数学,専門科目(材料力学,機械力学),英語
  • 化学工学分野:数学,専門科目(プロセス工学量論,移動現象論(流体工学・伝熱工学)),英語
  • 電子情報工学分野:数学,専門科目(電気回路,電子回路,論理回路),英語

カリキュラム・ポリシー(博士前期課程)

  1. 高い倫理観を持ち,研究者として工学技術を社会へ展開する科学的思考と方法論を学ぶための「研究科共通科目」を設けます。
  2. 工学の先端・境界領域における異分野融合に向けて,自身の専門分野の知識を強化するとともに,他分野の基盤知識を得るための「フロンティア基盤科目」を設けます。
  3. フロンティア先端科目において,以下の4つのプログラム毎にカリキュラム・ポリシーを設定します。
    《知能機械プログラム》

     機械工学を基盤としながらも,複数分野の工学的知識を統合活用して,高度なロボティクス・モビリティの知能化技術を開拓・実践する能力を養うための「フロンティア先端科目」を設けます。

    《人間機械共生プログラム》

     機械工学を基盤としながらも,複数分野の工学的知識を統合活用して,高度な人間支援・生体適合技術を開拓・実践する能力を養うための「フロンティア先端科目」を設けます。

    《化学工学プログラム》

     化学工学を基盤としながらも複数分野の工学的知識を活用して,新たなマテリアル創製・プロセス技術の開拓・実践する能力を養うための「フロンティア先端科目」を設けます。

    《スマート計測制御プログラム》

     電子情報工学を基礎としながらも複数分野の工学的知識を活用して,計測・制御工学の知識の深化と高度な知見・実践力を得るための「フロンティア先端科目」を設けます。

  4. 自身の研究分野に関する課題を解決し,研究遂行能力及びプレゼンテーション能力を涵養する「課題研究」を設けます。

ディプロマ・ポリシー(博士前期課程)

 本専攻では,以下に掲げる学修成果を達成し,所定の単位数を取得して修士論文の審査に合格した者に学位(修士)を授与します。

《知能機械プログラム》
  1. 自身の研究分野に関する課題を解決し,研究遂行能力及びプレゼンテーション能力を有すること。
  2. 機械工学を基礎としたロボティクスに関する高度な専門知識と,研究者としての基礎的な素養を身に着け,先端テクノロジーの社会実装を実現する能力を有すること。
  3. 機械工学の高度な知識を基盤とし,化学工学,電子情報工学等の他分野の専門知識と 融合させて,ロボティクスに関する新たな工学分野を切り拓く能力を有すること。
  4. 高い倫理観を持ち,研究者として工学技術を社会へ展開する方法論を修得すること。
《人間機械共生プログラム》
  1. 自身の研究分野に関する課題を解決し,研究遂行能力及びプレゼンテーション能力を有すること。
  2. 機械工学を基礎とした人間支援技術に関する高度な専門知識と,研究者としての基礎的な素養を身に着け,先端テクノロジーの社会実装を実現する能力を有すること。
  3. 機械工学の高度な知識を基盤とし,化学工学,電子情報工学等の他分野の専門知識と融合させて,人間支援技術に関する新たな工学分野を切り拓く能力を有すること。
  4. 高い倫理観を持ち,研究者として工学技術を社会へ展開する方法論を修得すること。
《化学工学プログラム》
  1. 自身の研究分野に関する課題を解決し,研究遂行能力及びプレゼンテーション能力を有すること。
  2. 化学工学を基礎としたマテリアル創製・プロセス技術に関する高度な専門知識と,研究者としての基礎的素養を身に着け,先端テクノロジーの社会実装を実現する能力を有すること。
  3. 化学工学を基礎としたマテリアル創製・プロセス技術の基幹的専門知識を基盤として,機械工学,電子情報工学等の他分野の専門知識と融合させて新たな工学分野を切り拓く能力を有すること。
  4. 高い倫理観を持ち,研究者として工学技術を社会へ展開する方法論を修得すること。
《スマート計測制御プログラム》
  1. 自身の研究分野に関する課題を解決し,研究遂行能力及びプレゼンテーション能力を有すること。
  2. 電子情報工学を基礎とした計測・制御技術に関する高度な専門知識と,研究者としての基礎的素養を身に付け,先端テクノロジーの社会実装を実現する能力を有すること。
  3. 電子情報工学を基礎とした計測・制御技術の基幹的専門知識を基盤として,機械工学,化学工学等の他分野の専門知識と融合させて新たな工学分野を切り拓く能力を有すること。
  4. 高い倫理観を持ち,研究者として工学技術を社会へ展開する方法論を修得すること。