ホーム  >  自然科学研究科概要  >  環境デザイン学専攻

自然科学研究科概要

博士後期課程
環境デザイン学専攻

入学者受入方針(博士後期課程)

 21世紀における地域環境の形成及び社会基盤整備においては,安全・安心な生活基盤の創出と環境・生態系への配慮を高いレベルで融和させた,調和的発展を志向する環境デザインの視点が求められます。本専攻では,国内外の社会基盤整備に関わる科学技術を中核に,学際領域に対しても強い関心を有し,博士前期課程までに培った専門知識,あるいは,社会における多様な実務経験を発展させて,明確な倫理観と論理的思考をもって,人と自然に優しい社会基盤の創成を目指す統率力のある学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 環境デザイン学専攻は,学力検査(口述試験)及び学業成績証明書により,環境デザインの専門分 野に関する高度な専門知識,課題設定及び解決に関する志願者の能力や資質を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 専門分野に関する高度な専門知識,研究遂行における課題設定・解決能力,及び専門的な研究討論が可能なコミュニケーション能力が必要です。

カリキュラム・ポリシー(博士後期課程)

 先端領域を含む国内外の高度な専門知識の修得と課題解決能力の強化に加えて,知的好奇心と生涯学習意欲の涵養,新規課題の開拓及び応用発展能力の育成に主眼を置いている。自然科学に加え,人文・社会科学に関連する学際領域にも課題探究の視点を拡げることを奨励するとともに,最先端の研究事例の分析や学会活動を通して,発展的思考力及び学際的知見を深化させ,研究開発能力を有する人材の育成を目指します。

ディプロマ・ポリシー(博士後期課程)

 環境の世紀ともいわれる21世紀において,自然と調和した国内外の社会・環境基盤の創造を志向し,調査・研究,計画,設計・施工から維持管理,さらには廃棄物の処理や再生に渡る環境デザインの幅広い局面において,高度な専門能力及び学際性を駆使し,新規技術開発や人材育成を先導することにより,持続可能で安全・安心なグローバル化社会の発展に貢献できる,独創性豊かな研究者・技術者の養成を組織的に行う。上記の能力を身につけ,所定の単位を修得し,博士論文の審査に合格すること。以上を学位(博士)授与の主たる要件とします。