ホーム  >  自然科学研究科概要  >  環境デザイン学専攻

自然科学研究科概要

環境デザイン学専攻

入学者受入方針(博士前期課程)

 21世紀における地域環境の形成及び社会基盤整備においては,安全・安心な生活基盤の創出と環境・生態系への配慮を高いレベルで融和させた,調和的発展を志向する環境デザインの視点が求められます。本専攻では明確な倫理観と論理的思考のもと,国内外の社会基盤整備に関わる科学技術を中核に,環境科学,人文・社会科学との学際領域に対しても強い関心と専門基礎知識を有し,人と自然に優しい社会基盤の創成を目指す意欲的な学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 環境デザイン学専攻は,学力検査(筆記試験及び口述試験)及び学業成績証明書により,英語と数学,及び環境デザインの幅広い局面で必要となる知識に関する志願者の能力や資質を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 英語及び専門分野の基礎となる数学の学力,及び構造,水理,土質,計画,環境等の専門科目についての基礎・応用知識の習得が必要です。

入学者受入方針(博士後期課程)

 21世紀における地域環境の形成及び社会基盤整備においては,安全・安心な生活基盤の創出と環 境・生態系への配慮を高いレベルで融和させた,調和的発展を志向する環境デザインの視点が求められます。本専攻では,国内外の社会基盤整備に関わる科学技術を中核に,学際領域に対しても強い関心を有し,博士前期課程までに培った専門知識,あるいは,社会における多様な実務経験を発展させて,明確な倫理観と論理的思考をもって,人と自然に優しい社会基盤の創成を目指す統率力のある学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 環境デザイン学専攻は,学力検査(口述試験)及び学業成績証明書により,環境デザインの専門分 野に関する高度な専門知識,課題設定及び解決に関する志願者の能力や資質を総合的に評価します。

入学前に必要な基礎学力

 専門分野に関する高度な専門知識,研究遂行における課題設定・解決能力,及び専門的な研究討論が可能なコミュニケーション能力が必要です。