ホーム  >  自然科学研究科概要  >  電子情報科学専攻

自然科学研究科概要

博士後期課程
電子情報科学専攻

入学者受入方針(博士後期課程)

 グローバルな高度情報化が急速に進んでいる社会では,技術進歩に対応できる高い能力を持ち独創性に富んだ科学技術を創造できると共に,多様化する社会に主体性を持って柔軟に対応できる国際的な感覚を有する人材が必要となっています。本専攻の専門領域は,電気電子工学(エネルギー,デバイス,ナノテクノロジーなど),情報通信工学(人工知能,IoT(InternetofThings),情報セキュリティ,ビッグデータ解析など),生命情報科学(バイオテクノロジーなど)に至る広い分野にわたり,さらに,これらを融合する技術の統合的学問分野も含む広範な科学技術分野に及んでいます。本専攻では,このような電子情報科学の分野において,科学の多様な展開に適応でき,世界をリードできる豊かな創造性と高い研究開発能力を有する研究者や技術者を目指す意欲的な学生を求めています。

入学者選抜の基本方針

 口述試験(「修士論文」,「研究経過報告書」,「研究または開発業務等の概要」についての口頭発表)及び出願書類等を総合して評価します。

入学前に必要な基礎学力

 電気・電子・情報通信工学に関する幅広い基礎知識。専門技術者または研究者としての基礎的な研究開発能力。電気電子工学,情報通信工学,生命情報科学など専門分野における高い専門知識。

カリキュラム・ポリシー(博士後期課程)

 電気電子工学,情報通信工学,生命情報工学に関する最先端の専門知識を修得するための専門科目群を配置した。これらに加え,課題研究を通して高度な専門性,適応力,および国際性を養成する。

《学修成果》
  • 電気電子工学,情報通信工学,生命情報科学の分野における最先端の専門知識と広範な見識を身につける。
  • 高い創造性と問題発見能力,研究開発能力を身につける。
  • 大学,研究機関,企業等における研究開発をリードし,統率する能力を身につける。
  • 確たる研究者倫理観を有しつつ,人間生活,社会・自然環境に融和した研究開発の能力を身につける。
  • 国際的に活躍できるプレゼンテーション能力およびコミュニケーション能力を身につける。

ディプロマ・ポリシー(博士後期課程)

 博士前期課程で培った能力を基礎とし,さらに高度な専門性と適応力をもったグローバル人材を養成する。所定の単位を修得した上で博士論文の審査に合格し,以下の学修成果を達成した者に博士の学位を授与する。

  • 電気電子工学,情報通信工学,生命情報科学の分野における最先端の専門知識と広範な見識をもつこと。
  • 高い創造性と問題発見能力,研究開発能力を有すること。
  • 大学,研究機関,企業等における研究開発をリードし,統率する能力を有すること。
  • 確たる研究者倫理観を有しつつ,人間生活,社会・自然環境に融和した研究開発ができること。
  • 国際的に活躍できるプレゼンテーション能力およびコミュニケーション能力を有すること。